やる気が無くなると、売上は下がるのか?

率直に言います。

やる気なくなると、 売上ガンガン下がります!笑

正直にいうと、今運営してるレンタルスペース の売上、ガンガン下がってます。笑

お店に関してはちょっと色々思うところがあって、規模の縮小の方向で進めています。

「思うところ」については、直接あった時にでも聞いて下さい…
飲みの誘いをお待ちしてます!
(やる気が無いわけじゃないからね!)

規模を縮小すると言っても、清掃は徹底してやってるし、接客に関しても丁寧な対応を心掛けてる。
別に、お客様からクレームが来てるわけではない。

でも売上は下がる。

何故やる気が下がると売上も下がるのか?

今の時代。横を向けば同じ事を同じ金額でやってる人は必ずいる。

そうなってくると、

「誰から買うか?」

というのが重要になってくる。

そして、「誰」を選ぶかは「共感」から生まれる。

「こういう思いがある人(場所)にお願いしたい。」

ってのもそうだし、

「この人を応援したい。」

ってのもそう。

やる気がなくなるとどうなるか?

じゃあ、実際にやる気が無くなるとどうなるか?

「思い」が無くなるし、なにより伝えなくなる。

その結果、「共感」が生まれない。

共感がなければ、あなたを選ぶ理由が無くなる。

そうしたら、他の思いを持ってる、共感出来る同じ事が出来る人を選ぶし、機能面や価格麺で優れてるものを選ぶ。

あとは売上が下がるだけ。

人が選択をする基準

人って、選ぶ理由や基準をちゃんと提示してあげないと、

「機能(サービス)」と「価格」

でしか判断しないし、出来ない。

じゃあ、機能(サービス)や価格で 勝負が出来るか?

多くの人は間違い無く、出来ない。

今の時代、自分だけしか持ってない技術ってそうそうは無いし
大手が低価格の同じ商品を作って来たら絶対勝てないでしょ?

そのため、

「なぜ、自分がこの仕事をしているのか? 」

「自分がどういうものを目指しているのか?」

というのをしっかりと伝えてあげて、共感を得る必要がある。
(もちろん最低限の機能や 価格設定ってのはある。)

これは、口頭で伝えるのはもちろんそう。
Web上でも随所で掲載し、思いが見える形にしてあげなきゃいけない。

個人事業の場合にはプロフィールページが重要になる

個人事業の方のサイトを分析していると、プロフィールページや代表のメッセージが昔に比べて良く見られる様になってる。
多くの人が、

「どんな人がやっているのか?」

を気にしてて、それを判断基準にしてる証拠だよね。

そのため、プロフィールページに

  • 何故、自分が現在の仕事をやってるのか?
  • 仕事を通じて、どこを目指してるのか?

を、自分の「体験」や「その思いを持った理由」をあわせて書いてあげる。
これにより、「共感」を生み出し、お客様が選ぶ基準を生み出して上げる事が、個人事業がWebを活用していく中で必須になる。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗