ホームページがあっても売れない人の共通点

タイトルで「ホームページがあっても売れない人の共通点」とか偉そうに言ってますが、

  • 自分自身、レンタルスペースを8年前に初めて…
  • デザイナーさんにお願いしてすごいカッコイイホームページを作ってもらって…
  • むりやり黒字にはしたんですが、ホームページからの集客とか全然できず…
  • 再就職。

ってのをやってます 笑
(むりやり黒字にした方法を知りたい人は直接聞いてください笑)

その、再就職した当時が「ホームページがあるけど売れない」という状況そのものでした 笑

そして今、Web関係の仕事をして6年。
いろんなところから、「Webどうしたら良い?」とご相談いただきます。
(その間にも、Webサービスを作って潰してなど色々ありますが…)

そんな中で、ホームページから売ることが出来ない人の共通点は

「コンセプト、これじゃ緩いでしょ?」

というものなんですよね。

そこで、今回は

  • なぜコンセプトが固まり切ってないのか?
  • どのように固めていったら良いのか?

という事を、自分自身の失敗談を含めご紹介します。

折角なんでご紹介!レンタルスペースを始めた経緯。

レンタルカフェ開業する時の自分は、大手IT企業(Fから始まるところ)でシステムエンジニアやっていました。

その時の残業時間は最大で月180時間。
ピーク時は半年で1000時間の残業がありました。(おかげで貯金もありました 笑)

いちを言っておくと、その時の上司が無茶振りしかしない人だったんですが…
1年目、2年目としては権限も大きく、自由に出来たため仕事は本当に楽しかったんです。

ただ、朝9時から打ち合わせして、24時に事務所に戻って、3時くらいまで次の打ち合わせの資料作って…
「このままでいいのかな?」って思って仕事はしてました。

そんな中で、恵比寿(東京)で大学の友人と飲んでて、「カフェでもやらない?」って話に。
なんでもいいから自分で仕事をしてみたくて、とりあえず乗っかりました。

で、翌日には物件契約。(当時24歳…本当に若かった…笑)

とまあ、めちゃくちゃな流れで進んでいたんですが、改めて考えてみると…

「この場所でカフェとか無理じゃね?」と気が着いたんですよね 笑

それもそのはず。

  • 「ものすごい閑静な住宅街」
  • 「人通りなんてほとんど無し」
  • 「しかも、地下1階」

むしろ、何故今までいける気でいたのか不思議なくらい。笑

そこで、不動産を契約した後に、事業内容を考え直すことに…

考え直す際に、渋谷でカフェやってるオーナーさんに話を聞きに行ったところ、「カフェの収益って、イベントやパーティがほとんど」って事を教えて貰いました。

なら、「空間ごとイベントやパーティに貸してしまおう!」
という発想にいたり、レンタルスペースを開業。

ただ、今でこそ、空間ごと貸すのが当たり前になってはいるものの、当時はまだ他には無く、どうしたらよいかさっぱりわかりませんでした…。

そんな中、当時、最初にやったこと「ホームページを作る。」

この時は、デザイン関係の仕事をしている友人にすげえカッコイイものを作ってもらったんですよ。

今はもうリニューアルしちゃってるから見れないんですが、この時のホームページを見てみると、本当にカッコイイんですよ!
そして、サイトの構成や要素などは、ちゃんと「売れる形」になってるんですよね。

ただ、全く売れませんでした。
ホームページからの問い合わせは毎月ほぼゼロ。

食ってかなきゃいけないから、むりやり黒字にはしていたものの…
食っていける規模では無く、貯金も底をつきはじめ、再就職。

とまあ、ここまでがレンタルスペース開業から再就職までの経緯です。

なんでカッコイイホームページを作ったけど、売れなかったのか?

「なんでカッコイイ、そして売れる形のホームページがあったのに問い合わせがなかったか?」

その大きな理由が、時代的にレンタルスペースが普及してなかったということに加えて、

  • 誰が何を出来る場所なのか?
  • その結果、どういう事(未来)を得られるのか?

っていう、サービス提供の核になる「コンセプト」が決められていなかった事にあります。

当時の自分らは

  • 商品(空間)作って
  • 料金を決めた

ってだけだったんですよね…それでは、間違い無く売れない…

コンセプトが固まって無い人が本当に多い。

「アホ 笑」って思いながら、この記事を読んでくれてると嬉しいんですが、実はサポートしていると、コンセプトがしっかり固まっていない人って本当に多いんです。(当時の俺らほど、酷くないですが…笑)

例えば、

  • 「BtoC営業マンに対してのコンサルタント」
  • 「起業・独立コンサルタント」
  • 「女性向けWebデザイナー」

など…

正直いうと、独立したけど売れない人の理由って、

「コンセプトがしっかり固まってない。」

って事がほとんどだと思ってます。

コンセプトがしっかり固まってれば、

  • 間違い無く売れるし
  • 単価も上げていけるし
  • 組みたい人と仕事出来ます。

なぜコンセプトが固まっていないのか?

では、なんでコンセプトがしっかり固まってないのか?

コンセプトが固まっていない理由には、大きく分けると以下の3つあります。

1.経験不足

昔の自分らもそうだったんですが、一番大きいのは経験不足。
この自分で事業をやった経験というのは、思った以上に大きいんですよね。

自分も偉そうに言える程、事業規模を大きくしたわけではないですが…

これから独立起業する人が「これならいける」って思ったコンセプトが、「う〜ん…」っていうのは結構多いです。
(特に、個人事業として独立する人)

2.リサーチ不足

今、独立した後で悩んでる人に聞きたいのですが、どのくらい競合調査しました?

おそらく、多くの人はほとんどしてないんじゃないかと思います。
特に、「自分の好きなことで起業」って方のほとんどは、自分の好きな事を探したけど、競合に対しては見てないんじゃないかと思います。

  • 個人での独立
  • 資格を持ってるから独立

って方は特に気をつけて欲しいんですが、まわりを見渡すと、必ず同じ事をやっている人がいます。

そんな中で、売って行くためには、「1位になれるところ」で戦わなければ行けないんですよね。
ただ1位とは言っても、ニーズが全くなければ売れるわけはありません。(レンタルスペースに関してはコレ)

そのため、

  • 市場のニーズを考える
  • 競合の状況を調べる
  • 自分の得意なところを考える

という事を行い、「1位になれるところ」を探して、アピールしていくわけです。(良く3C分析って言われるヤツです。)

このリサーチが足りていないために、中途半端なポジションで戦ってしまっているんですよね。

3.ブラッシュアップ不足

「コンセプトを固めた。」

と言っても、おそらく自分で考えただけですよね?

それは、あくまで仮説であって、事実がどうかはわかりません。
もしくは、もっと良いものがあるかも知れません。

そのための確認作業や、改善していく作業が足りていない人が多いんです。

どの様に確認したら良いか?

ブラッシュアップが足りてないとは言われても、自分のコンセプトが良いのか悪いのか?これも自分ではわからないですよね?
そこで、確認方法に関しても、ご紹介させていただきます。

その1.自分のターゲットの人に確認する

「こんなんどうだろう?」って直接聞く事です。

これが出来るのが一番です。
ただ、これだけだと聞ける人の数が少なくなっちゃうのでもう一つご紹介。

その2.SNSにコンセプトの内容を投稿してみる

Facebookとかに、そのコンセプトを投稿してみることです。
ちゃんとコンセプトが固まっていると、ターゲットからも、それ以外の人からもなんらかのリアクションがあります。

では、コンセプトって何を考えればよいか?

コンセプトを固めるとは言っても、どの様なものに落とし込めばよいか?

自分の考えるコンセプトの核になるのは、以下の5つの項目。

  • 誰に提供するか?
  • どのような結果(未来)を提供するか?
  • どのような方法で実現するか?
  • なぜあなたがやるのか?
  • 上の4つに独自性があるか?

特に重要なのは、「なぜあなたがやるのか?」です。

人は、感情で決めて、論理を後付します。
そして、今の時代は同じモノやサービスは見渡せばいくらでもあります。

そのため、「なぜあなたがやるのか?」というもので感情を動かし、「あなただから買いたい」にしてあげる事が非常に重要になってきます。

是非、この5つを言葉にしてみて下さい。
そして、リサーチやブラッシュアップをしながら改善していってもらえれば良いと思います。

コンセプトは事業の土台。

コンセプトっていうのは事業の土台になります。

ホームページもブログも、メルマガも全てコンセプトを基にしてに作ります。

そして、ホームページもブログも、メルマガもあくまでツールなんです。

自身のビジネスを

  • 多くの人に伝えたり
  • 深く伝えるのをサポートしたり

というだけであって、ビジネスのコンセプトが固まっていなければWebを使おうがリアル営業だろうが売れないんです。

そのため、もしホームページやブログから集客ができない、売上につながらないという人は、まずコンセプトの見直しをしてみて下さい。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗