adwards(検索連動型)を最適化して無駄な広告費をなくそう

クリック広告を最適化しよう

PPCと呼ばれる、クリック広告。

少額で開始できるため、多くの方が運用されているかと思います。
しかし、多くの方がキーワードを設定しているだけなんではないかと思います。

そこで、PPCの最適化(いらんもんを外して、必要なもんに注力)する方法をご紹介したいと思います。

まずはいらんもんを除外

多くの方がキーワードの設定を「部分一致」にしてるんじゃないでしょうか?
「部分一致」で選択していると、Googleがシステム的に近いものでも広告を表示してくれます。

「部分一致」の詳細については以下参照
部分一致を使用する – AdWords ヘルプ

「部分一致」の場合、絶対にコンバージョンに繋がらないキーワードで広告が表示されてしまう場合があります。

例えば、キーワードで「レンタル カフェ」と設定している場合に「レンタル カフェ 梅田」で広告が表示されてしまう等
(magariの場合には、東京にしか店舗はありません。)

そのため、そのキーワードで広告を表示しない様にする必要があります。

広告が表示されているキーワードを確認する。

step1:キャンペーン⇒キーワードのタブを選択
step2:詳細ボタンの中から「検索語句-すべて」を選択

広告が表示されているキーワードを確認する。

そうすると広告が表示された語句すべてが表示されます。

必要のないキーワードを除外する

step1:必要のないキーワードの左にあるチェックボックスにチェック
step2:除外キーワードに追加

必要のないキーワードを除外する

この際に、「このキーワード大事かも!」ってやつがいたら「除外キーワードに追加」の左にある「キーワードに追加」を選択して
キーワードに追加してあげるのも!

次に必要なキーワードに注力

広告の表示場所については、上部に出るか、右部にでるかでクリック率等々が大きく変わって来ます。
(もちろん上部にでたほうがよい!)

次に必要なキーワードに注力

そのため、コンバージョン率の高いキーワードについては、ガンガン上部を狙って出しましょう!

どうやって上部に表示するか?

広告の表示場所については、ざっくり言うと広告の上限金額と、広告の品質によって決まります
品質については常に改善するしかないんで、ここでは金に物言わせて表示させる方法とご紹介します。

いくら出せば上部に表示されるか?

adwardsのキャンペーン画面に、項目を一個追加します。

step1:キーワード-表示項目-表示項目の変更を選択
step2:属性-ページ上部表示の推定入札単価を追加

キーワード-表示項目-表示項目の変更を選択
属性-ページ上部表示の推定入札単価を追加

そうすると、管理画面に「ページ上部表示の推定入札単価」が追加されます。

ページ上部表示の推定入札単価

そう!こいつが上部に表示するために必要な金額になります。
そのため、重要なキーワードについては、こいつを超える様に設定してやればいいんです!

設定だけではありますが、費用対効果が2倍にも3倍にもなる事例もあります。
そのためにも。広告効果を効率化し、無駄な広告費を排除した上で、必要な所に注力して上げましょう。

PS
広告の設定や内容は、最低でも月1回ぐらいは見直して上げましょう。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗