苦手ならやらないでおいてほしい。WordPressでのデータベース(MySQL)バージョンアップ【エックスサーバ】

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

WordPressに関しては良く、「簡単」「誰でも出来る」と言われ、苦手な人向けに、ブログ作りのワークショップがあったり勉強会があったりします。

ただ、多くの場合は、テーマを変更する。ブログを書くなどの表面的なことで、システム運営のことまでを教えてくれません。

参考記事

WordPressを運営していくための必要なシステム運営の全体像に関してはこちらを参照下さい。

WordPressは簡単じゃない?WordPressを使う上で必要なシステムメンテナンス。

その中でも今回は、データベース(MySQL)バージョンアップの実施方法をご紹介します。

データベースのバージョンアップに関して、レンタルサーバにより、

  • 機能としてある⇛wordpressの設定変更
  • 機能として無いため、データベースを新規作成⇛データベースをコピー⇛wordpressの設定変更

と、実施方法が大きく異なります。

そのため、今回はレンタルサーバの中でも、エックスサーバサーバでのデータベース更新方法をご紹介します。

参考記事

さくらサーバに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

苦手ならやらないでおいてほしい。Wordpressでのデータベース(MySQL)バージョンアップ【さくらサーバ】

大前提:苦手なら、自分でやらないで。

ここまで読んだ時点で、意味がわからない方も多くいらっしゃるかと思います。

データベースに関しては、

  • 真っ白に出来る(今まで書いた記事も全部消える)可能性がある
  • 設定ファイルを必ず変更する必要があるため、phpのバージョンアップよりもやりにくい。(PHPはリスクはあるものの、ボタンをポチポチするだけで大丈夫。)

のため、本当におすすめしていません。

そんなに頻繁いあるものでは無いので、Web屋に依頼する方が無難です。
(もし、周りにWeb屋がいない場合には、ご相談下さい。)

step1.まずはバックアップを

まずはバックアップを取って下さい。

その際に、バックアップデータをサーバ内に保管している場合には、FTPソフトなどを利用し自分のパソコンに保管しておきましょう。

参考記事

日頃から取ってない方は、こちらの記事を参考にバックアップを実施して下さい。

UpdraftPlusのインストールからバックアップ実施まで

Step2.現在のデータベースの状況を確認する

まずは、現在の状況を確認するのですが、Wordpress5.2より「サイトヘルス」という機能があり、そちらで確認することが出来ます。

データベースの状況の確認方法

管理画面にログインし[ツール]-[サイトヘルス]を選択

問題無い場合(改善がある場合)には、以下のように表示されます。

しかし、問題がある場合には…

上記画像のように、致命的なエラーの中にデータベースサーバが含まれています。
この場合には、この記事の作業を行い、対応を行う必要があります。

備考:
現時点(2020年1月8日)で、WordPressでは「MySQL 5.6 以上、または MariaDB 10.1 以上」が推奨となっております。

step3.データベース(MySQL)のバージョンアップ

サーバの管理画面にログインし、[MySQL移行ツール]をクリック

「移行時に必要な作業について」をコピーし、メモしておいてください

[MySQL移行ツールの利用を開始する]をクリック

[移行(確認)]をクリック

[MySQL5.7へデータベースの追加(確定)]をクリック

step4.設定ファイルの書き換え

step3までの作業で、

  • 新しいバージョンのデータベースを作成
  • 古いバージョンのデータベースから新しいバージョンのデータベースに内容をコピーする

といった作業が行われてきました。

ただ、現在の設定だと、Wordpressでは古いバージョンのデータベースから内容を取って来てしまいます。

そこで、Wordpressの設定ファイルを変更し、新しいデータベースから内容を取ってくる様に設定します。

注意事項
ここからは、FTPソフトを利用して、サイトの設定ファイルを変更していきます。
誤ってファイルを削除してしまったりすると真っ白に出来ますのでご注意下さい。

FTPソフトを利用して、サーバから、[wp-config.php]というファイルをダウンロード

一般的には、Wordpressのインストールフォルダにあります。

設定の書き換え

ファイルを開き、「ココを変更」という箇所に、メモしておいた「MySQL5.7 ホスト名」を記載し保存します。
(mysql1301b.xserver.jpといった形のものです。)

なお、この設定に誤りがあると、ファイルアップロード後に「データベース接続エラー」となります。

3.ファイルを再度サーバにアップロードします。

その際に、

  1. サーバ上にある、wp-config.phpの名前を変更(例:wp-config.php_20200101など)
  2. その上でファイルをアップロード

とやると、もし手違いがあり戻す際に、簡単です。

Step5.動作確認

最後に動作確認をします。

1.サイトヘルスで確認

改めてサイトヘルスを実行してみます。
元々あった、「古いデータベースサーバー」というエラーや改善が消えています。

2.サイトを動かして見て確認

動作の確認のため、

  • サイトに行き、ブログ記事やカテゴリーページ、固定ページなどの表示を確認
  • テスト的に記事を投稿してみる

などを行ってみて下さい。

特に問題がなければ、完了となります。

本当に慎重にやって下さい。

PHPのバージョンアップ同様、Web/IT屋じゃ無い方の実施は全くおすすめしていません。(記事にはしましたが…)

この更新作業に関しては、頻度はさほどありません。
そのため、苦手でしたら自分でなんとかしようとせず、Web屋に依頼することをおすすめします。

おすすめ記事WordPressは簡単じゃない?WordPressを使う上で必要なシステムメンテナンス。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗