Facebookで広告を出す際に注意が必要な3つの事

どうも。中島です。今回はWEB広告出稿の話です。私の場合には、次の2つの観点からいろんな所に少しずつ広告を出して効果を計っています。

  • 自身の事業(magari)の売上を上げる
  • webマーケティング手法の効果測定

今回は特にFacebook広告!
Facebook広告を出す上で気にかけておきたい3点を書きたいと思います。

注意点1:検索に対して広告を出向する訳ではない

Adwordの場合には、ターゲットが検索を行ったキーワードに対して広告を表示します。
検索をするということは、なんらかの疑問やニーズをもった上での行動となります。

しかし、Facebookの場合には「人」に対して広告を出稿するためニーズが顕在化していない状況に
広告を出す形になります。そのため、広告文や画像等をそれに併せた内容としてあげる必要があります。

注意点2:自身の特徴、USP、思いを広告文で表現するべき

adwordの場合には、競合を意識した広告文を書いて上げる必要があります。
すごく多い例だと、「業界最安値」とか「月々〇〇円」とか「〇〇でNo1」とか…
これはadwordの場合には、検索に対して競合される広告がいくつも表示されるため
検索結果画面ですでに競争があり、自身の広告を選択して貰う必要があるからです。

しかし、Facebookの場合には検索によって広告が表示される訳ではありません。
「人」に対して広告が出向され、タイムラインに表示されます。

そのため、自身の強み、特徴、思い、USPを広告文に書いて上げた方が共感を呼び効果的となります。
(もちろん、値段の訴求は有効な場合もあります!)

注意点3:支払い方法

この注意点に関しては、上記2つと少し毛色が異なります。

Adwordの場合には、振込んだ分のみということが出来るのですが
Facebookの場合には、クレジットもしくはPaypalでの支払いとなります。

そのため、予算の設定と期間の設定を間違えると大変な出費になる可能性があります。

Facebook広告では詳細なペルソナ設定が重要

上記したが、Facebook広告の場合には、検索キーワードに対して広告を出すのではなく
「人」に対して広告を出向する形となる。

そのため効率的な広告出稿をするのであらば、年齢、性別、居住地はもちろん、趣味趣向や学歴、恋愛対象など
ターゲットとなる「人」をどれだけ絞り込めるかという事が鍵となる。
そのため、詳細なペルソナ作りが効果を出すために必要となります。

今、目論んでいる事

上で、「詳細なペルソナ作りが重要」と記載はしたもののそれが出来ていない場合や
把握しきれてない場合も多くあるかと思います。

そこで、Facebook広告、Facebookでの結果検証+アナリティクスでの検証で
自身のビジネスに一番貢献してくれるターゲット像作り(ペルソナ自体の検証)ができないか模索してます。
出来た場合や効果が出た場合、費用対効果が見込める場合にはまたご報告させていただきますね。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗