Final Cut Proで調整レイヤーを利用する方法

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

動画編集をする際に、必ずと言って良いほど利用する調整レイヤー。(この記事の中で、調整レイヤーとはなにかもご説明します。)

Adobe Premiereの場合には、標準機能で作成が可能なのですが、Final Cutの場合には、ダウンロードし追加しなければ利用出来ません。

そこで、ダウンロードし、利用するための方法をご紹介します。

調整レイヤーとは?

複数の動画に、共通のエフェクトをかけるためのものです。

動画編集をする際に、複数の動画をつなぎ合わせて動画を作ることが良くあります。

その際に、例えば「色合いをどの動画でも少し落としたい」とした時に、調整レイヤーを利用しない場合には、それぞれの動画にそれぞれ設定を行う必要があります。

しかし、調整レイヤーを利用することで、1つの設定で全ての動画に設定を反映させることが出来るようになります。

調整レイヤー:Adjustment Layerの利用方法

調整レイヤーを利用するためには、「Adjustment Layer」という無料のプラグインを利用する必要があります。

調整レイヤー:Adjustment Layerをダウンロード

以下サイトにアクセスし、[Buy now with 0% off]をクリック

https://sellfy.com/p/Nxcc/

備考:Special offerはNo Thanks

Special offerというものが表示される場合がありますが、No Thanksを選択。

以下、入力・選択を実施し、[Continue]をクリック

  • Email:メールアドレスを入力
  • Country*:Japanを選択
  • I agree to terms and conditions:チェックを入れる
  • I agree to receive news, offers and product updates:チェックを外す

入力したメールアドレスにダウンロードのリンクが届きますので、[Download product]をクリック

[Download]をクリック

調整レイヤー:Adjustment Layerの設定

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、Macのユーザ名 > ムービー > Motion Templates > Titlesに設置

調整レイヤー:Adjustment Layerの利用

タイトルの中に[Adjustment Layer]という項目があります。

ドラッグ&ドロップで映像に適用させます。

あとは、Adjustment Layerにエフェクトを掛けるだけです。

まとめ

各動画に共通の設定を行う場合には、調整レイヤーは必ず使うことになると思いますので、是非利用してみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗