Final Cut Proを利用した動画編集の基礎:動画の音調整とBGMの追加

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

これから動画編集を行うといった方におすすめしているFinal Cut Pro。

今回は、Final Cut Proを利用し、動画編集を行う上で必要な

  • 動画の音の調整(ノイズカット、音量調整)
  • BGMの追加

についてご紹介します。

ノイズカット

なぜノイズカットが必要なの?

動画を撮影した際に、どうしても「サーッ」といった音が入ってしまいます。

これは、ホワイトノイズと呼ばれ、カメラのマイクや電源の品質などにより発生するため、防ぐのが難しくなります。
(マイクの性能によっては、ホワイトノイズを小さく出来るものもあります。ただし金額は高くなります。)

しかし、これから始める方の場合には、そんな効果なマイクを利用することは難しいため、編集ソフトでカットしていきます。

Final Cutでのノイズカットの方法

プロジェクトの中で、対象となる動画を選択

右上エリアにある、スピーカーマークを選択

[ノイズ除去]にチェックを入れる

ノイズ除去に関しては、「%」を大きくしすぎると、声などが変わってしまいます。
そのため、おすすめは40%程度。それでも残るようであればこれからおすすめするBGMを背景で流し、消すことをおすすめします。

音量調整

撮影時の音の設定によっては、音が大きく(小さく)なりすぎてしまう場合があるため、音量を調整します。

画面したにある[オーディオメーター]をクリックし、表示します。

プロジェクトの中で、対象となる動画を選択

右上エリアにある、スピーカーマークを選択

[ボリューム]で調整します。

ボリュームの目安は?

基本的には、音量に関しては好みに設定いただければ大丈夫です。

しかし、オーディオメーターで”0″を超える音量の場合には、音が割れてしまう可能性があるので、”0″を超えないように設定しましょう。

また、PCで聞いている場合と、イヤホンで聞く場合には、音量によって受ける印象が異なります。
そのため、どちらでも聞いて見た上で調整してください。

撮影時の音が小さすぎた場合

Final Cutでは、音を大きくする際には、12db以上に大きく出来ません。

そのため、Final Cutだけで大きくする場合には、

  1. 音量を最大にし、一度書き出す
  2. 書き出したファイルを読み込み、さらに音量を上げる

といった方法で行う形になります。

この方法の場合、音質が非常に悪くなるため、上記のノイズカットやBGMなどを合わせて調整が必要です。

そのため、もしAdobe Auditionなどが利用出来る場合には、そちらで一度音量を上げた後に取り込む方法の方が良いかと思います。

BGMの追加

BGMを追加することで、動画のイメージを変えたり、少しの雑音を消したりすることが出来ます。

取り込んだ音楽を選択し、プロジェクトにドラッグします。

あとは、動画と同様に音量を調整してください。

動画の最後に徐々の音を小さくする(フェードアウト)

動画の長さに音を合わせると、どうしても音楽が途中できれてしまうため違和感が生まれます。
そこで、動画の最後は音楽を徐々に小さくし、自然と消えるようにすると違和感なく動画が終了します。

フェードアウトの実施方法

音楽の右端のカーソルをもっていくと「◀○▶」が表示されます。
その「○」を左に持っていくことでフェードアウトしていきます。

効果音などはどのように設定するの?

効果音に関しても、このBGMを設定する時と同様です。

BGMに関しては、どこからダウンロードすればよいか?

音楽を利用する際に注意しなければ行けないのが、著作権です。
そのため、著作権を確認し、動画で使えるものを利用しましょう。

無料かつ、著作権フリー(一部概要への記載が必要)なものですと、Youtubeのオーディオライブラリがおすすめです。

https://www.youtube.com/audiolibrary/

また、有料のものですと、epidemicsoundというサイトがおすすめです。(英語です。)
こちらは有料版だけあって、すごくかっこいい音楽が大量に用意されているだけで無く、効果音なども用意がされています。

https://www.epidemicsound.com/

まとめ

音の設定で、動画のイメージは大きく変わります。
そのため、是非設定してみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗