Motion ArrayでダウンロードしたテンプレートをPremiere Proで利用する方法

多くのサイトでPremiere Pro用のテンプレートが販売されております。
それらを購入して利用することで、動画編集を始めたばかりの人でも、簡単におしゃれな動画にすることが出来ます。

今回は、私がよく利用する「Motion Array」で購入したテキストエフェクト(文字を動かして表示したりする)のテンプレートを

  • Premiere Proで利用する
  • テンプレートの中身をカスタマイズする

方法をご紹介します。

テキストエフェクト以外のテンプレートでも利用の仕方はそれほど変わらないので、他のエフェクトやトランジションを利用する方も参考にしてください。

ダウンロードしたテンプレートを読み込む

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、テンプレートを追加したい動画と同じフォルダの中に入れましょう。

Premiereでは、編集ファイルの中に素材となる映像データを読み込んで編集を行うのでは無く、映像データを参照しながら編集を行う形になります。
そのため、利用するデータは一つのフォルダの中に入れ、まとめて動かすようにしましょう。

テンプレートを追加したい動画の編集ファイルを起動し、[テンプレートファイル名]-[Premier Template]-[〇〇.prproj]を読み込みます。

「読み込まれたアイテム用のフォルダを作成」にチェックを入れ、[OK]をクリック

テンプレート動画に反映させる

プロジェクトをリスト表示に変更します。

変更は必須ではありません。
しかし、リスト表示にしておいた方が操作しやすいかと思います。

テンプレートのフォルダを展開し、[02 Final comps]-[すきなテンプレート]を選択し、動画にドラッグします

※テンプレートによっては、[02 Final comps]の箇所が[Final]だけのものなど、多少名称が異なる場合があります。

長さを調整し、完了です。

テンプレートをカスタマイズする

テンプレートのフォルダを展開し、[01 edit comps]と順番に展開していくと、「text」や「shape」ファイルがあります

変更したい「text」や「shape」をダブルクリック

プログラムモニターでテキストの文字や配置を変更してください。

色など含め、他にも変更する場合には、ソースモニターで[エフェクトコントロール]のタブをクリックすると変更が出来るようになります。

まとめ

今回はMotion ArrayでダウンロードしたテンプレートをPremiereで利用する方法をご紹介させていただきました。

このように有料のテンプレートを利用することで、自分で作成する技術や時間が無くても、クオリティを大きく上げることが出来ます。

そのため、是非こういったテンプレートも活用してみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗