選択内容に応じて必須項目を変更。プラグイン:MW WP FORMを利用した問い合わせフォームカスタマイズ

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

入力フォームを作成する際に、ラジオボタンなどで選択した項目に応じて、入力してもらう項目を変えたいといったことは多いかと思います。

上記のような機能を持たせた際に、選択項目に応じて必須入力項目を変更することもあるかと思います。

そこで今回は、プラグイン:MW WP FORMを利用した問い合わせフォームにおいて、実現する方法をご紹介します。

実現したい形

リアルセミナーを選択している時には、

  • 参加希望日
  • 懇親会の参加

を上記項目を必須入力とする。

実現方法

実現に関しては、以下作業を行います。

  1. 必須入力項目の変更(function.phpへの追記)

ポイントと参考コードをご紹介します。

1.必須入力項目の変更(function.phpへの追記)

function.phpに以下例にならい、コードを追加してください。

function my_validation_rule( $Validation, $data ) {
    if($data['participate'] === '1'){
        $Validation->set_rule( 'participateDate', 'required' ,array('message' => '選択してください'));
        $Validation->set_rule( 'gathering', 'required' ,array('message' => '選択してください'));
    }
    return $Validation;
}
add_filter( 'mwform_validation_mw-wp-form-XXXX', 'my_validation_rule', 10, 2 );

※mwform_validation_mw-wp-form-XXXXの「XXXX」に関しては、フォーム拡張子[mwform_formkey key=”XXXX”]の「XXXX」と合わせてください。

この際に、必須入力とする項目が

ラジオボタン、チェックボックスの場合には、「required」
テキストの場合には、「noEmpty」

を指定する形となります。

まとめ

プラグイン:MW WP FORMに関しては、contact form 7の次に有名なお問い合わせフォームを作成するためのプラグインです。

そのため、機能やカスタマイズの幅も広く、様々なことが出来ますので、是非利用してみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗