プラグイン:WordPress Popular Postsを使って、サイドバーに人気記事を表示する方法

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

このブログでも設定している、サイドバーでの人気記事。

この設定により、サイト内の回遊率を上げる事が出来ます。
また、その結果SEOやコンバージョンにも繋がって来ます。

今回は、

  • サイドバーに人気記事を表示するメリット
  • サイドバーに人気記事を表示する場合の気をつけるべきこと
  • WordPress Popular Postsのインストールから設定方法まで

をご紹介します。

サイドバーに人気記事を表示するメリット

  • 検索から来る、その記事だけ読みたかったユーザー
  • SNSから来る、そのメディア自体に興味があったユーザー

などのユーザ対して、人気の記事を設定する事で、ユーザが元々求めていた以外の人気記事を知ってもらう事が出来ます。

そしてクリックし記事を読んで貰える事で、

  • サイト回遊が生まれる
  • 滞在時間が増加する

などのユーザのサイト内での動きが生まれ、SEOにも良い影響が出ます。

また、コンバージョンの高い記事が人気の記事となっているサイトでは、コンバージョンも生まれやすくなります。

サイドバーに人気記事を表示する場合の気をつけるべきこと

上記でも記載させて頂いた通り、サイドバーに人気記事を表示する事には、回遊率を上げるなど多くのメリットがあります。

しかし、コーポレートサイトのように回遊率を上げたくないサイトなど、サイトの目的によっては、「本当に見せたい記事やページに遷移しない」など人気記事がマイナスに働いてしまう場合もあります。

そのため、サイトの目的や導線の設計が非常に重要になってきます。

プラグイン:WordPress Popular Postsの使い方

プラグイン:WordPress Popular Postsのインストール&有効化

管理画面にログインし、[プラグイン]-[新規追加]をクリック

検索窓に「WordPress Popular Posts」と入力

「WordPress Popular Posts」を「今すぐインストール」⇛「有効化」を実施

プラグイン:WordPress Popular Postsの設定方法

[設定]-[WordPress Popular Posts]をクリック

[ツール]をクリック

「アイキャッチ画像」の設定

デフォルトのアイキャッチ画像

アイキャッチが設定されていない場合に使われる画像になります。
全ての記事にアイキャッチが設定去れている場合には不要ですが、過去に設定されていない記事がある(可能性がある)などの場合には設定しておきましょう。

画像の取得元
  • アイキャッチ画像
  • 本分内の最初の画像
  • 最初の添付ファイル
  • カスタムフィールド

のうち、どの画像を利用するかの設定になります。

基本的には、アイキャッチ画像で大丈夫です。

Lazy load

表示速度を早めるための設定になります。

この機能に関しては不具合も報告されているので、Noにしておきましょう。(2020年3月現在)

「データ」の設定

閲覧を記録する対象者
  • 訪問者のみ
  • ログインユーザのみ
  • 全員

の中から、記録の対象となるユーザを選択します。

純粋な読者(運営者以外)とした方が良いため、基本的には「訪問者のみ」に設定

ログ上限

データを残す期間の設定をします。
上限を無効に設定してしまうと、サーバに負荷がかかるため、基本的には180日としておきましょう。

ウィジェットをAJAX化

キャッシュ系のプラグインを利用しており、WordPress Popular Postsが上手く動かない場合にのみ、「有効」にしてみてください。

その他設定

以下の3つに関しては、基本的に変更しなくて大丈夫です。

  • データキャッシュ
  • キャッシュ更新間隔
  • データサンプリング

「その他」の設定

リンクの開き方

クリックした際に、別ウインドウで表示させたい場合には、「新しいタブまたはウインドウ」を選択。
特にない場合には、「現在のウインドウ」のままで大丈夫です。

プラグインのスタイルシートを使う

ご自身でこのプラグインに合わせてCSSを作成している場合にのみ、「無効」にしてください。

ランキングの情報を削除したい場合には

以下をクリックする事で、蓄積されたデータを削除する事が出来ます。

プラグイン:WordPress Popular Postsのサイドバーへの追加方法

[外観]-[ウィジェット]をクリック

[WordPress Popular Posts]をクリックし、[サイドバー]が選択されている事を確認の上で、[ウィジェットを追加]をクリック

プラグイン:WordPress Popular Postsのサイドバーでの表示設定

ウィジェットの画面から表示の設定を行います。

基本設定

タイトル

指定したタイトルがランキングの上部に表示されます。

最大表示数

サイドバーに表示する件数を設定します。
10件では多いので、5件程度にしておくと良いと思います。

ソート順
  • 総閲覧数
  • 1日の平均閲覧数
  • コメント

の中から、並び順の設定を行います。

基本的には、「総閲覧数」を選択しておきましょう。

「フィルター」の設定

計測期間

計測期間の設定を行います。
見せたいものにより、設定を変えましょう。

更新頻度が多く、最新のものを見せたい場合:期間を短く設定
ブログを始めたばかり:全期間

投稿タイプ

ランキングの対象となる記事の種類を設定します。

基本的には、postのままで大丈夫です。

もし、固定ページも含めたい場合には、pageも追加してください。

除外する投稿 ID

表示したくない記事がある場合には、ここで設定をします。

投稿IDに関しては、記事の投稿画面のURLから確認する事ができます。

タクソノミー

ランキングに表示するカテゴリー、タグ、投稿者IDを絞りたい場合には設定を行います。

投稿設定

ランキングに表示される

  • タイトル
  • 抜粋
  • サムネイル画像

の設定を行います。

デザインに合わせて設定してあげてください。

統計タグの設定

ランキングに表示したい項目にチェックを入れてください。

人気記事の設定に関してはサイトの目的に合わせた表示を

サイドバーに人気記事を表示する事で、

  • サイト内回遊が生まれやすく、SEOに影響がある
  • コンバージョンの増加にも期待

などの、メリットが多くあります。

しかし、コーポレートサイトのように回遊率を上げたいサイトなど、サイトの目的によっては、人気記事がマイナスに働いてしまう場合もあります。

そのため、サイトの目的やページの目的に合わせて表示するようにしましょう。

おすすめ記事Web屋が紹介。WordPressを使う上で、良く使うプラグインとあえて使わないプラグイン

おすすめ記事WordPressは簡単じゃない?WordPressを使う上で必要なシステムメンテナンス。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗