Premiere Proを利用した動画編集の基礎:mp4形式、mov形式での動画の書き出し

編集したデータをYoutubeにアップしたり、SNSにアップしたりするために必要な動画の書き出し。

今回はPremiereを利用した動画編集の基礎として、

  • mp4形式
  • mov形式

それぞれでの書き出し方法をご紹介します。

動画の書き出し方法

対象となるシーケンスを選択

[ファイル]-[書き出し]-[メディア]をクリック

書き出しの設定

書き出したい動画形式にあわせて、形式を選択

mp4:H.264(出力名が、シーケンス名.mp4になります。)
mov:Quiktime(出力名が、シーケンス名.movになります。)

画質を調整したい場合には、プリセットを選択

Youtube用動画の書き出しの場合には、Youtube 1080pがおすすめです。(mp4形式のみ)

出力名をダブルクリックし、出力ファイル名、出力場所を変更

オーディオだけ、ビデオだけでの書き出しを希望する場合には、チェックを外します。

基本ビデオ設定がシーケンスとあっているかを確認

幅、高さ、フレームレートがあっていないと、画質が非常に悪くなります。

[書き出し]をクリックし、動画の書き出しを行います。

書き出し時間に関しては、パソコンのスペックにより変わります。

まとめ

今回はPremiereを利用した動画編集の基礎として、

  • mp4形式
  • mov形式

それぞれでの書き出し方法をご紹介させて頂きました。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗