Premiere Proを利用した動画編集の基礎:テロップ、タイトルの追加

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

今回はPremiereを利用した動画編集の基礎として、テロップやタイトルの挿入方法をご紹介します。

文字の入力画面の表示

[ファイル]-[新規]-[レガシータイトル]を選択

ビデオの設定、タイトルを入力して、[OK]をクリック

この際のタイトルに関しては、動画の中に表示されるわけではないので、管理しやすいものをつけてください。

以下の様な画面が表示されます

この画面に関しては、操作しやすいようにそれぞれのパネルのサイズを変更しています。
お好みに合わせて変更してください。

上部にある[背景ビデオを表示]ボタンをクリックすると、背景に動画を表示することができます。

文字や図形の追加

左メニューにある[文字ツール]を選択の上、真ん中パネルの好きな箇所を選択し文字を入力します。

左メニューの図形のアイコンを選択すれば、図形も追加出来ます。

文字のサイズや色、フォントを変更する

右の[レガシータイトルプロパティ]を操作することで、文字のサイズや色、フォントなどを変更することが出来ます。

色を変える

変更したい文字を選択し、[カラー]を選択し色を変更する

フォントを変える

変更したい文字を選択し、[フォントファミリー]や[フォントスタイル]を選択し色を変更する

文字のサイズや色、フォントを保存する

文字のサイズや色、フォントを保存し、別のテロップに反映させることも可能です。

設定を保存する

レガシースタイルタイトルの横にある[≡]-[新規スタイル]をクリック
[OK]をクリック

追加されました。

今、入力している文字に設定を反映させる

文字を選択の上で、対象となるレガシータイトルスタイルを選択

文字の場所を変更する

[選択ツール]を選択の上、入力した文字をドラッグすることで、場所を動かすことが出来ます。

左メニューにある「中心」、「整列、「分布」などを選択することで、文字を移動させることも出来ます。

動画に追加する

素材として、追加されていますので、シーケンスにドラッグすることで反映させることができます。

コピーする際には注意が必要

追加したレガシータイトルをコピーし、修正すると、コピー元まで変更されてしまいます。

そのため、コピー元に影響なくコピーをする場合には、alt(Macの場合にはoptiom)をクリックしながらドラッグすることで、コピー元に影響なくコピーが出来ます。

素材側でコピーされていることが確認出来ます。

おしゃれなテロップを追加するための方法

もちろん、Premiere Proの場合には、After Effectsというソフトを利用して作成することも可能です。
しかし、動画制作で食って行きたい人の場合には、そこまでの技術は不要です。

そこで、こういったタイトルやジェネレータなどを購入出来るサイトが多数あります。
そちらで購入し利用した方がおしゃれなタイトルを簡単に利用することが出来ます。

私が良く利用するサイト
Motion Array(英語)https://motionarray.com/https://motionarray.com/

有料のタイトルを利用することでクオリティもあがる(あがったように見える)ので是非利用してみてください。

まとめ

今回は、動画編集を行う上で基本となるテロップの表示のさせ方についてご紹介しました。
是非、やってみてください。

動画の撮影場所に困ったら…

弊社では、壁一面が本棚&カフェ雰囲気のスタジオを運営しております。 ・対談、説明などのビジネス向け動画 ・料理、物撮り、宣材、食事風景、コスプレなどのスチール撮影 ・テレビロケ、映画製作 に利用可能ですので、もし撮影場所を探されている際には、以下サイトよりお申し込みの上、ご利用ください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗