スパム問い合わせへの対応方法(Contact Form 7での設定)

こんにちは。中島 達(@NakajimaSatoru)です。

ホームページを運営していると、海外からのスパム問い合わせが多く、

  • うっとおしい…
  • 必要なメールが埋もれてしまう…

と悩まれている方も多くいるかと思います。

そこで、今回はロボットでのスパム問い合わせを防止する「Google reCAPTCHA」をWordPressで一番使われている問い合わせフォーム「Contact Form 7」で設定するための方法をお伝えします。
(「Contact Form 7」を利用しないで「Google reCAPTCHA」を設定する方法に関しては、気が向いたら書きます。)

reCAPTCHAを利用するためのキーの取得

管理画面にログインし、[お問い合わせ]-[インテグレーション]をクリック

reCAPTCHAにある、[google.com/recaptcha]のリンクをクリック

[Admin console]をクリック

Googleアカウントでログインして下さい。
(もし、未作成の場合には、新規作成をして下さい。)

各種項目を入力の上、[送信]をクリック。
入力、選択項目は以下となります。

  • ラベル:ご自身のドメイン名を設定しておくのが良いと思います。
  • reCAPTCHAタイプ:reCAPTCHA V3 を選択
  • ドメイン:ご自身のサイトのドメインを追加
  • reCAPTCHAの利用条件に同意する:チェックを入れる


登録が完了したら、[サイトキー][シークレットキー]の2つをコピーして下さい。

キーを「Contact Form 7」に設定

管理画面にログインし、[お問い合わせ]-[インテグレーション]をクリック

reCAPTCHAにある、[インテグレーションのセットアップ]をクリック

先程コピーした、「サイトキー」、「シークレットキー」を入力し、[変更を保存をクリック]

サイトに右下に、アイコンが出てきていれば設定完了です。

お問い合わせフォームの動作確認

お問い合わせに関わるところなので、必ず一度問い合わせをテストしておきましょう。

他のページからマークを消すには?

このロゴマークが非常に邪魔でかっこ悪いと思う方もいるかと思います。

そういった場合には、function.phpにコードを追加変更すれば削除することも可能です。
しかし、この作業に関しては、本当に真っ白に出来るので、苦手は人はやらないで下さい。

1.コードの追加

function.phpを開き、以下コードを追加して下さい。

add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, function() {
if(is_page(‘contact-form’)) return;
wp_deregister_script( ‘google-recaptcha’ );
});

2.コードの一部を修正

if(is_page(‘contact-form’)) return;

の「contact-form」部分が、ロゴを表示させるURLになります。

そのため、ご自身のお問い合わせフォームのURLに修正して下さい。

例:お問い合わせフォームのURLが「exampl.com/contact」の場合

add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, function() {
if(is_page(‘contact’)) return;
wp_deregister_script( ‘google-recaptcha’ );
});

保存し、更新を行えば完了となります。

補足1:お問い合わせページを投稿で作成している場合

if(is_page(‘contact’)) return;

の「is_page」が固定ページを意味しています。

そのため、「is_page」を「is_single」に変更してあげれば投稿でお問い合わせを作った場合でも動作します。

補足2:複数のページにお問い合わせフォームがある場合

以下のような形で複数ページを指定することで設定が可能になります。

add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, function() {
if(is_page(‘contact’)) return;
if(is_page(‘about’)) return;
if(is_page(1234)) return;
if(is_single(‘recaptcha’)) return;
wp_deregister_script( ‘google-recaptcha’ );
});

設定時の注意事項

特定のページにのみロゴマークの表示を行う場合、上記の形で指定をしていないページでは、問い合わせフォームが動かなくなります。

そのため、上記指定をする場合には、お問い合わせフォーム追加時には設定追加を忘れないようにしましょう。

スパムメールに関しては、受けない。開かない。

もし、日頃からスパムのお問い合わせなどに悩まれている方は、是非設定してみてください。

また、スパムメールやスパム問い合わせに関しては、

「ちょっとうっとおしいけど、まあいいか」

と放置される人もいらっしゃいます。

しかし、海外からのスパムメールなどの中には、ウィルスが入っているものなどもあります。

そのため、今回のreCAPTCHAこの出来るけスパムメールに関しては受けない。開かないよう心がけてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗