プロパティタイプ[ドメイン]でのサーチコンソール設定方法

こんにちは。中島 達(@NakajimaSatoru)です。

サイト分析をするにあたり、必須となるサーチコンソール。

設定にあたり、

    ドメインでの登録
    URLプレフィックスでの登録

のいずれかが選択が出来ます。

どちらで行えば良いか?どの様に登録すればよいか?がわからない方に向け、

  • ドメインとURLプレフィックスでの登録の違い
  • ドメインでの登録方法

に関して、ご説明します。

ドメインとURLプレフィックスでの登録の違い

ドメインとURLプレフィックスでの登録の違いに関しては、

  • http://〇〇.com
  • https://〇〇.com
  • http://www.〇〇.com
  • https://www.〇〇.com

など、httpsやサブドメインを1つのプロパティ(管理する単位です。)で管理出来るか、出来ないかの違いになります。

ドメインでの登録の場合

ドメインでの登録の場合には、

  • http://〇〇.com
  • https://〇〇.com
  • http://www.〇〇.com
  • https://www.〇〇.com

など、ドメイン、サブドメインが全て1つのプロパティで管理が出来ます。

そのため、サーチコンソールで数値を見る際にも、ドメイン単位で数字が合算して見ることが出来ます。

デメリット

ドメインでの設定の場合には、アナリティクスとの連携が出来ません。
そのため、アナリティクス上でサーチコンソールの数値を確認することが出来なくなっています。
(2020年2月1日時点)

URLプレフィックスでの登録の場合

URLプレフィックスでの登録の場合には、

  • http://〇〇.com
  • https://〇〇.com
  • http://www.〇〇.com
  • https://www.〇〇.com

を全て別のプロパティとして登録する必要があります。

登録の手間も増えるのですが、リダイレクトが上手く設定されておらず、

  • http://〇〇.com
  • https://〇〇.com

が混在してしまっているサイトだと、計測に抜け漏れが発生してしまう可能性もあります。

ドメインでの登録方法

登録にあたり、

  1. サーチコンソール設定のためのコードを取得
  2. サーバにTXTレコードを設定
  3. サーチコンソールで確認

の手順となります。

1.サーチコンソール設定のためのコードを取得

以下URLにアクセスし、[今すぐ開始]をクリック
https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Googleのログインページが表示されますので、ログインしてください。
この際に、アナリティクスの設定をしたアカウントでログインするようにしてください。

もし、アカウントがまだ無い場合には、作成してください。

プロパティタイプで[ドメイン]を入力し、[続行]をクリック。

TXTレコードをコピーし、メモしてください。

また戻って来るので、画面は閉じずそのままで…

2.サーバにTXTレコードを設定

※今回はエックスサーバにて設定方法をご説明します。

エックスサーバにログインし、[DNSレコード設定]をクリック

対象となるドメインの[選択する]をクリック

[DNSレコード追加]のタブをクリック

以下項目の設定を行い、[確認画面へ進む]をクリック

ホスト名:空白にしてください。
種別:TXTを選択
内容:先程コピーしたTXTレコードを入力
優先度:”0″のまま

内容を確認の上、[追加する]をクリック

3.サーチコンソールで確認

プロパティタイプで[ドメイン]を入力し、[続行]をクリック。

[確認]をクリック

サーバでの設定まで、時間が掛かる場合があります。

まだ設定されていない場合には、以下の様な画面が表示されます。

設定が完了すると、以下のような画面が表示されますので、[プロパティに移動]をクリック

設定完了です。

まとめ

ドメインでの登録に関しては、1つのプロパティでhttpとphttpsや、サブドメインまで管理が可能なので、便利ではあるものの、アナリティクスとの連携が出来ないため、少々使い勝手が悪くなっています。

そのため、なにか特殊な理由が無い限りは、URLプレフィックスでの登録をおすすめします。

おすすめ記事WordPressは簡単じゃない?WordPressを使う上で必要なシステムメンテナンス。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗