それはコンテンツマーケティングではない!?コンテンツマーケティングにおける3つの誤解

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

数年前から「コンテンツマーケティング」という言葉が多くの方に認知されています。

もちろんその背景には、コンテンツマーケティングで成功している企業がある事にあります。
しかし、その裏でそっと閉じられて行くオウンドメディアが多くなってきています。

この失敗の原因には、

  • 更新が継続できない
  • 目標に到達できない(目標設定の誤り)

などの、運用面の失敗もありますが、中小企業の中には、根本的にコンテンツマーケティングを勘違いしている企業の方もいらっしゃいました。

そこで、今回はその根本において、

  • まず、コンテンツマーケティングとはなにか?
  • ご自身の認識が間違っていないか?

を確認頂き、間違っていた場合には、意識や方針を再検討する題材にしていただければと思います。

コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングとは、

  • 認知獲得
  • 比較検討
  • 購入
  • ファン化

などの購買プロセスを記事や動画、資料ダウンロード、メールなど、見る人にとって価値のある情報を提供する事で、コミュニケーションを取りながらプロセスの階段をあがって行くためのマーケティング手法になります。

また、この手法を活用する際には、ブログ(オウンドメディア)だけでなく、SNSやメール配信、他社媒体も活用していく形になります。

この手法により

  • ニーズが顕在化していないユーザから、比較検討段階のユーザまでカバー
  • 広告費のように、払っている期間だけの施策ではなく企業の資産できる
  • 自社のブランディングにもなる

といった事が出来ます。

コンテンツマーケティングにおける3つの誤解

コンテンツマーケティングとは、上記購買のプロセスにあわせた媒体を用いてコンテンツを提供し購買に繋げて行く方法なのですが、良く以下のような誤解をされている方もいらっしゃいます。

誤解1:コンテンツマーケティング=ブログの更新

ブログ更新も、コンテンツマーケティングを行う上で必要な事です。
そして、ブログを書くことで認知は広まって、サイト流入は増えるかもしれません。

しかし、本来考えなければいけない、サイトに来てもらってから、購買までのプロセスが抜けてしまっています。
これでは、認知獲得だけで終わってしまい、効果としては薄くなってしまいます。

誤解2:コンテンツSEOと混同している

コンテンツSEOとは、特定キーワードで上位表示するためにコンテンツを作成し、集客をしていく方法になります。

こちらも、誤解1と同様に、認知は獲得でき、サイトへの流入は増えるかもしれませんが、購買につながらないという事が起きます。

「コンテンツマーケティングがコンバージョンに結びつかない。」と考えられている方の場合には、この誤解をしている可能性が大きくなります。

勘違い3:バズる事が目的になっている

最近はだいぶ減りましたが、SNSで拡散されサイトへの流入が一気に増えるコンテンツを作る事が目的になってしまっているケースもあります。

バズる事により、サイト流入はたしかに増えますが、誤解1同様に認知獲得だけで終わってしまいます。

また、バズを目的にしまうと

  • 意図した通りの拡散を生むかは不明
  • 一過性のコンテンツで終わってしまう事もある

といった企画の時間や費用に見合わない結果を出してしまう事もあるので、バズることだけを目的にすべきではありません。

多くの勘違いは、コンテンツマーケティングの1要素だけになってしまっている。

コンテンツマーケティングにおける、「認知拡大」の部分だけを切り取ってしまった結果の勘違いが多くなっております。

そのため、もし意識が「認知拡大」だけで終わってしまっている場合には、

  1. KGI,KPIの再設計及び、そのためのアクションの再設計
  2. カスタマージャーニーの見直し
  3. 現在出しているコンテンツをカスタマージャーニーのプロセス毎に分類
  4. 不足しているコンテンツの企画

といった順で、施策全体を再度検討してみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗