WordPressを使う上でのFTPソフトの使い方とおすすめのFTPソフト

こんにちは。中島 達(@NakajimaSatoru)です。

正直、今回の記事は、Webが苦手な人にはおすすめしません。
なぜなら、操作を間違えると、サイトの中身をふっ飛ばしてしまうからです。

しかし、Wordpressを利用している以上、FTPが必要なタイミングが出てきます。
その際に、Web屋に依頼をするのがベストではありますが、自分でなんとかしなければ行けない場合もあるかもしれません。

そんな時のために、

  • FTPとは?
  • おすすめのFTPソフト
  • 利用方法

をご紹介します。

FTPソフトとは?

WordPressの管理画面を使わずに、パソコンからサイトのあるサーバにファイルをアップロードしたり、逆にサーバからファイルをダウンロードしたりするのに利用します。

FTPの正式名称は、「File Transfer Protocol」(全く使わない知識ですw)

おすすめのFTPソフト

私がおすすめしているのは、「FileZilla(ファイルジラ)」というソフトになります。

FileZillaは、

  • Windows,Macの両方で利用ができる
  • 日本語で利用可能
  • 継続的な開発が行われている

といった点から非常に扱いやすく、安定して動くので利用しています。

加えて、私が押す一番の理由は、「画面が古臭いから」です。

サーバに直接アクセスをする上で、私が一番気をつけていることは、ミスが起こらないようにすることです。
サーバ上の作業でミスが起こってしまうと、キレイサッパリなくなります。

FileZillaでは、画面が古臭いため、他のアプリと間違えて操作するといったことが防げぐことが出来ます。

ほかにも有名なものだと、

  • FFFTP(すでに開発が止まってしまっているためおすすめはしてません。)
  • Cyberduck(画面がMacの標準に似ているため、おすすめしてません。)
  • ‎ForkLift(画面がMacの標準に似ているため、おすすめしてません。)

などがあります。

FileZillaの使い方

ここからは、FileZillaを利用するまでの手順

  1. インストール
  2. 接続の設定
  3. ファイルのやり取り

について、記載いたします。

※先に注意事項
MacのAppStoreにあるfilezillaに関しては、プロ版(有料)となります。
無料版で十分かと思いますので、ご注意下さい。

1.アプリのインストール

以下のfilezillaの公式サイト(英語)にアクセス。

https://filezilla-project.org/

[Download FileZilla Client]をクリック
※この際に[Download FileZilla Server]では無いのでご注意下さい。

[Show additional download options]をクリック
※緑のボタンではありませんので注意

ご自身の環境に合わせて、対象となるファイルをダウンロードして下さい。

保存したファイルをダブルクリックし、開くとアプリケーションが出てきますので、アプリケーションフォルダに保存して下さい。

2.利用方法

FileZillaを起動し、左上のアイコンをクリックし「サイトマネージャー」を起動します。

[新しいサイト]をクリック

[ログオンタイプ]を「通常」に変更し、ホスト名・ユーザ・パスワードの入力をします。
各項目の確認方法は利用しているレンタルサーバによって異なります。

さくらレンタルサーバの場合

管理画面にログインし、[サーバ情報]-[サーバ情報]をクリック

FTP設定情報の中にある

  • 「FTPサーバ」をホスト名
  • 「FTPアカウント」ユーザ名
  • 「パスワード」に関しては、今さきほど管理画面にログインするのに利用したパスワード

を入力します。

ロリポップの場合

管理画面にログインし、[ユーザー設定]-[アカウント情報]をクリック

サーバ情報の中にある

  • 「FTPサーバ」をホスト名
  • 「FTP・WebDAVアカウント」をユーザ名
  • 「FTP・WebDAVパスワード」をパスワード

を入力します。

エックスサーバーの場合

管理画面にログインし、[FTPサブアカウント設定]をクリック

対象のドメインの[選択する]をクリック

[FTPソフト設定]のタブを選択

「初期FTPアカウントの設定内容」の中にある

  • 「FTPサーバー(ホスト)名」をホスト名
  • 「ユーザー名(アカウント名)」をユーザ名
  • 「パスワード」に関しては、今さきほど管理画面にログインするのに利用したパスワード

を入力します。

入力が完了しましたら、[接続]をクリックしサーバに接続します。

接続されると左半分に自分のパソコンの情報、右半分にサーバの情報が表示されます。

あとは、必要なファイルを左右にドラッグ&ドロップをすればアップロード、ダウンロードが出来ます。

便利だけど、注意が必要

FTPを利用することで、管理画面を利用しなくても

  • プラグインやテーマ、アップロードした写真を削除
  • プラグインを利用せずにバックアップ

など、多くのことが出来るようになります。

他にも、プラグインの更新時のエラーで真っ白になった際に、プラグインを手動で削除などには時々利用します。

しかし、多くのことが出来るようになる反面、真っ白にしてしまう可能性も高くなるので、操作を行う際には、気をつけて操作して下さい。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗