Motion Arrayの登録からテンプレートの購入まで。動画のクオリティを効率良く上げる方法

こんにちは。㈱シンラウンド代表の中島 達(@NakajimaSatoru)です。

Final CutやPremiereの中にも、テンプレートやエフェクトが複数用意されています。
しかし、基本的なものになるため、どうしてもクオリティが低くなってしまったり、組み合わせて利用する必要があるため非常に手間が掛かってしまいます。

ただ、折角動画を作るのでしたら、少しでもクオリティの高いものを作りたいですよね?しかも手間なく。

そんな方のため、多くのサイトでPremiere ProやFinal Cut用のテンプレートが販売されており、それらを購入して利用することで、動画編集を始めたばかりの人でも、簡単におしゃれな動画にすることが出来ます。

今回は、多数あるテンプレートの販売サイトの中でも、私がよく利用する「Motion Array」というサイトでの「登録」から「購入」までの手順を画像付きでご紹介します。

Motion Arrayとは?価格は?

Motion Arrayとは、テンプレートや素材がダウンロード出来るサイトです。

テンプレートに関しては、Final Cut Pro以外にも、

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • DaVinci Dissolve
  • Motion
  • 著作権フリーの音楽
  • 効果音

などがダウンロード出来るようになっています。

また、価格も約30$/月でダウンロードし放題と安価になっています。

Motion Arrayで素材やテンプレートをダウンロードする

Motion Arrayへ会員登録

まずはサイトにアクセス

https://motionarray.com/

[Join Free]をクリック

好きなお支払い方法を選択

Freeではあまりダウンロードが出来る素材がありません。
Monthly、Annualに関しては、月払いか年払いかの違いになります。

名前やカード情報などを入力し、[CREAT ACCOUNT]をクリックし、登録が完了です。

素材を検索

トップページでキーワードを入力、検索対象を選択の上で検索頂ければ大丈夫です。

他にも、ヘッダーメニュー「Marketplace」にカーソルを持っていき、検索の対象をクリックしていたくと検索ブラウザが表示されます。

その上で、検索キーワードを入力して検索する方法も出来ます。

ダウンロード

ダウンロードボタンをクリックし、気にいったものをダウンロードしてください。

まとめ

このように有料のテンプレートを利用することで、自分で作成する技術や時間が無くても、クオリティを大きく上げることが出来ます。

そのため、是非こういったテンプレートも活用してみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗