WEB屋だけどやっぱり言ってしまった。「ビジネススキームとして見直さなきゃダメ」

先日の記事で人前であがらずに喋る方法を募集したところ
本当に解決策を頂ける方がいて、喜び&驚きまくっていた中島です。

アドバイス頂いた方々!本当にありがとうございます!!
返信がおそくなってしまってますが、必ず追って返信させていただきます!

さて、今回の記事なんですが、web屋さんとして無料相談の時の話です。

まずは状況を聞かせていただいた。

  • 利用しているメディア
  • 商品の内容(コンセプトや単価)
  • ターゲット
  • 現在の売上の構成
  • 売上までの流れ

ナドナド…
一通り、聞かせてもらった後に言ってしまいました…

ビジネススキームとして見直さなきゃダメ

話を聞いていて、売上や利益の上がり方、商品内容が
間違いなく現在のままでは収益が生まれず、拡大もしていかないと感じました。

一般的なweb屋さんの場合、あまりこれを言ってくる人はいないんじゃないでしょうか?
基本的には、今ある商品をwebを使ってどう広げて行くかの話をするもんですから…

ですが、中島の場合には以下の理由から事業全体を見てばっさりいきますw

  • 自身でmagariという事業をやっている
  • 会計事務所での勤務経験もあり、いろんな企業の内情を見て来た

なぜビジネススキームの話が必要か

webを利用する最終的な目的は売上を上げる事です。

今回の場合には、根本的な商品作りや商品を提供し続けるための仕組みが全く出来ていませんでした。
その様な状況下では、webでどれだけ情報を発信しても、認知が増加をしても売上が上がることはありません。

そのため、webを利用して売上を上げる事を考えた場合に、
webを見直すよりも先に商品や商品のコンセプト、ターゲットの見直しが必要だと感じたためです。

webマーケティングってマーケティング施策の1つでしかない

結局、webマーケティングってマーケティング施策の一つでしかありません。
「商品をどのようにお客様に伝えるか?」という方法の一個でしかありません。

商品として出来上がっていなければ、webマーケティングなんてどれだけやっても効果が出る事はありません。
そのため、webの活用を考える際には以下のポイントが必要です。

  • 事業全体の方向性
  • 商品内容(コンセプト、ターゲット、価格 等)
  • 事業全体に置ける、web利用のポジション(目的)

そして、webの制作会社やコンサルやプロデュースをお願いする際には
上記3つのポイントを意識出来るところにお願いする様にしましょう!
(「今ある商品をwebを使ってどう広げて行くか」という事だけのところはx)

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗