WordPressのサイトを手動でのバックアップ方法


ホームページ、ブログを運営していく上で、必ずやらなければ行けないBackup。

WordPressを利用する場合には、プラグインを利用して簡単に実施する事が出来ます。

しかし、

  • セキュリティを考え、出来るだけプラグインは使いたくない
  • プラグインの良くわからない形式ではなく、自分の良く知った形式でバックアップを取っておきたい

といった方もいるかと思います。

そこで、そういった方向けに、手動でバックアップを取る方法をご紹介します。

バックアップを取らなければいけないもの

バックアップに関しては、以下データを保存しておく必要があります。

  • サイトのデータ:デザインやプラグインの設定、画像など
  • データベース:記事や固定ページの中身や文章

それぞれバックアップ方法が異なるため、順にご紹介します。

サイトのデータのバックアップ

サイトデータに関してはFTPソフトを利用し、バックアップを実施します。

参考記事

おすすめのFTPソフトやFTPソフトの利用方法に関しては、こちらを参考にしてください。

WordPressを使う上でのFTPソフトの使い方とおすすめのFTPソフト

バックアップ手順

FTPソフトを利用し、WordPressのインストールフォルダをバックアップします。

上記ではWordPressのデータ一式をダウンロードしているのですが、必須のファイルに関しては、以下4つのファイルとなります。

  • wp-config.php:wordpressの設定ファイル
  • wp-content/themesフォルダ(サイトデザインの一式)
  • wp-content/uploadsフォルダ(写真や画像などのデータ)
  • wp-content/pluginsフォルダ(プラグインのデータ)

この4ファイル以外に関してはさほど容量も大きくなく、何度も操作する事で、人的ミスが発生する可能性もありえますので、インストールフォルダごとバックアップをしてしまう事をおすすしています。

データベースのバックアップ

データベースのバックアップに関しては、

  • WordPresssの管理画面から行う方法
  • サーバの管理画面から行う方法

の2種類があります。

サーバの管理画面から行う方法に関しては、間違えて消してしまう可能性などもありますので、苦手な方はWordPressの管理画面から行う方法をご利用ください。

WordPresssの管理画面から行う方法

左メニュー[ツール]-[エクスポート]をクリック
[すべてのコンテンツ]にチェックが入っている事を確認し、[エクスポートファイルのファウンロード]をクリック

「WordPress.2020-04-04.xml」といったような名称のファイルがダウンロード出来ます。

サーバの管理画面から行う方法(サクラレンタルサーバー)

サーバの管理画面にログインし、[データベース]をクリック
対象となるデータベースの[phpMyAdmin]をクリック
データベース用のID、パスワードを利用し、ログインしてください。

もし、データベース用のID、パスワードがわからない場合には、wp-config.phpというWordpressの設定ファイルに記載がありますので、ご確認ください。

エクスポートのタブをクリックし、[実行]をクリック

〇〇.sqlといったファイルがダウンロード出来ます。

私のバックアップの運用方法

私は元々ITが長いく、バックアップに関しても手動でやった方が安心して作業が出来ます。
しかし、毎日手動でやるわけにも行かないため、以下のようなスケジュールで運用しています。

  • プラグインを利用したバックアップ/1日1回
  • 手動でのバックアップ/月1回

私と同様に、プラグインを完全に信用していない人は運用を参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗