WordPressでのテーマの選び方

こんにちは。中島 達(@NakajimaSatoru)です。

時々、ブログ用のテーマなのに、無理矢理コーポレートサイトにしているサイトを時々見かけます。

特に、しっかり更新されているサイトで、上記のような形になってると本当にもったいないな…

と感じます。

しかし、WordPressのテーマに関しては、

いろんなものがあるし…
有料・無料もあるし…

と、どの様なものを選んだら良いかわからない方も多くいるかと思います。
(上で言った、ブログ用というのもピンと来てない方も多くいらっしゃるかと思います。)

そこで今回は、

  • テーマの分類
  • 選ぶ際のポイントと注意事項
  • 有料、無料はどちらを選んだら良いのか?

といったことをお話させて頂きます。

是非、テーマを選ぶ際の参考にしてください。

WordPressのテーマの分類

WordPressのテーマに関しては、大きく分類すると、

  • コーポレート/サービス型
  • ブログ型
  • ポートフォリオ型

の3種類あります。

この3つで大きく異なるのはトップページのレイアウトになります。

コーポレート/サービス型

この形式に関しては、トップページに

  • メッセージ
  • サービス
  • ブログ記事
  • 自社の特徴

など、必要な項目が表示出来る(簡単に追加出来る)ようになっているものです。

コーポレートサイトやサービスサイトでは、購入に至る過程の中でお客様が知りたい情報があります。
それらトップページに並べ、見て貰いやすくしてあげています。

ブログ型

ブログ型に関しては、いろんな記事を見てもらうことを目的にしています。
そのため、記事の一覧を見やすくしていたり、ピックアップ記事を設定して表示できたりするものもあります。

ポートフォリオ型

ポートフォリオとは、デザイナーやクリエイターさんの作品集のことです。

そのため、形はブログ形式に近いんですが、写真がメインになるようになっています。

どの様に選べば良いか?

基本的には、ご自身のサイトの目的に併せて選んでください。

最近のテーマだと、基本はブログ型でもコーポレートのように修正出来るものもあるのですが、状況によってはコードを追加しなければ行けない場合もあります。

そのため、デモページを見て、目的に近いものを選びましょう。

そして、デザインに関しては、カスタマイズ無しで好みのものを選ぶようにしましょう。

  • 簡単にカスタマイズ出来る箇所
  • CSSを変更しないとカスタマイズ出来ない箇所

などが、テーマにより様々です。

そのため、出来るだけカスタマイズ無しでイメージに近いものを選び、カスタマイズしなくて済む形にしましょう。

選ぶ際の注意点

1.電話受付がメインの場合

地域性のあるサービスなどのサイトの場合、トップページの右上に電話番号が書いてあるサイトを良く見るかと思います。

しかし、トップページの右上に電話番号を入れられるテーマというのはそんなに多くありません。

そのため

  • 電話番号を入れられるけど、デザインが気に食わない
  • 良いデザインだけど、電話番号を入れられない

などは良くご相談頂きます。
(最終的には、電話番号の部分をコードで追加することが多くなってます。)

そのため、電話での受付に関しては、先に検討し、その上でテーマを探すようにして下さい。

2.モバイル対応

最近では、ほとんど見なくなりましたが、モバイル対応(レスポンシブ対応)していないテーマも時々あります。(特に古いもの)

そのため、デモページで必ずモバイル版も確認して下さい。

また、スマホ版の画面一番下にボタンが追加出来るテーマと出来ないテーマがあります。

コーポレートサイトやサービスサイトの場合には、このボタンによりお問い合わせへの導線が大きく変わって来ます。

そのため、ボタンを追加出来るものを選択するようにしましょう。

3.日本語のもの

WordPress自体がもともと英語圏で開発されたこともあり、テーマも英語のものが多くなっています。

しかし、設定の上で英語だと調べる手間や、内容によってはわからないことも出てきてしまいます。

そのため、英語が得意な方で無い限りは日本語のものを選んでおくと良いと思います。

有料のものを選べば良い?無料のものを選べば良い?

基本的には、有料のものをおすすめしています。

なぜなら、

  • 全体として整ったデザイン
  • 必要な機能
  • SEOなどの内部対策
  • アップデートの開発

などが揃っているため、初めての人でもキレイなサイトにすることが出来ます。

「デザイナーを入れて…コーディングもしてもらう…」というのは、費用が非常に大きくなります。
また、メンテナンスもしづらくなります。

そのため、最初の段階では有料テーマで作成し、サイトの方向性を決め、サイトからの収益が出始めてから、デザイナーなどにお願いする形でも十分かと思います。

一番大事なのは、サイトの目的とサイトの中での導線

今回、テーマの選び方に関して、お伝えさせて頂いたのですが、重要なのは

  • サイトの目的と型があっているか?
  • サイトの中の導線が、サイトの目的を達成出来るようになっているか?

ということです。

コーポレートサイトなのにブログの型にしてしまっていたら、サイトの記事を読んで貰えるかもしれませんが、知ってもらいたいサービス内容には
中々たどり着きません。

また、お問い合わせのほとんどが電話なのに、電話番号を表記出来ないとなってしまうと、お問い合わせがかなり減ってしまうかと思います。

そのため、サイトを作成する前に、

  • サイトの目的はなにか?
  • どうなったら、サイトの目的を達成出来るのか?

を考えていただければ、ご自身にあったテーマが選べると思います。

投稿者プロフィール

中島 達(Nakajima Satoru)
中島 達(Nakajima Satoru)
株式会社Synround 代表取締役

「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。

web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。

過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Synround 代表取締役 「続ける。 」をコンセプトに、Webマーケティングにおける戦略立案/サイト制作/システム保守/コンテンツ制作を実施。 web、動画は作っただけでは意味が無くて、そこから育てて行く物。ただ、中小企業、小規模税理士事務所では人や費用により続けることが難しいため、続けるための環境作りをしてます。 過去の事業:Webサービス×2、レンタルスペース5店舗